20170423

『ニーチェの顔』

前々回の「『大いなる正午』」に引き続き、氷上英廣の本を紹介する。

今回紹介するのは『ニーチェの顔』。岩波新書青版である。言わずと知れるだろうが古い。ちなみにamazonで氷上英廣を検索しても、『大いなる正午』も『ニーチェの顔』もヒットしない。偶々、県立長野図書館に蔵書があったお蔭で、読むことが可能になった。だが、読んでいて全く古さを感じなかった。

この様な本を読んでいると、本物のインテリの話は面白いと素直に思えてくる。洋の東西を問わない、広く深い知識と教養が本から泉のようにこんこんと湧き出てくるような気がしてくるのだ。

今回の『ニーチェの顔』は70年代前半に書かれた、ニーチェに関するエッセイを集めたものだ。

ニーチェの容貌や声、孤独とデカダンス、エピクロスやヘーゲルとの関係、西洋と東洋、ゾロアスターや仏教キリスト教、ニーチェが生きた時代のドイツと日本の知的風土、といった様々な角度から光をあて、ニーチェという希有な思想家の迫力と魅力を、生き生きと描き出している。

ニーチェが書いたままの原語で、ニーチェを読むことができる事へのうらやましさを含めて、これだけ教養があると、ニーチェを読んでいても、私が読む場合の数十倍、いや数百倍は愉しいだろうと想像する。

私が読む場合、一寸先だけ見えていてその先は闇、の状態に近いが、もっと広い遠近感を持ちながら、確固とした全体像を持ってニーチェを読むことができると思えるからだ。

例えば「犀・孤独・ニーチェ」から引用すると

ところで、「われはさまよう、ただひとりの犀のごとくに」の句は、引用の手紙であきらかなように、ゲルスドルフから贈られたインドの箴言集のなかにあるのではなく、仏典スッタ・ニバータに由来するものであり、英訳のスッタ・ニバータのなかに出て来るリフレーンをニーチェが自家用に独訳したものだ。

こうしたことを分かっていて読むのと、全く知らずに読むのでは、同じ文章を読んでも、汲むことができる意味の量が全く違ってくる。

氷上英廣の本はこうした事の連続なのだ。

これだけの知識と教養がありながら、氷上英廣が『ツァラトゥストラはこう言った』を、注釈なしで訳した事実に、私は改めて驚嘆せざるを得ない。



ところが意外にも氷上英廣ができなかったことも、できるようになって来ている事に、今回気が付いた。

表題にも使われている文章「ニーチェの顔」の冒頭はこう始まる。

ニーチェの顔といえば、まず思いだすのはあの大きな口ひげである。シュテファン・ツヴァイクがニーチェを論じたもののなかにVercingetorixのひげという語が使ってあるが、このヴェルツィンゲートリクスというのはガリア人の勇猛な族長でシーザーと戦い、敗北し、ローマで首をはねられた人物らしい。私はいまその肖像をさがす便宜がないので、おそらくニーチェのようなひげを持った人物なのだろうと思うよりほかない。

今我々はWebを使うことができる。Vercingetorixを画像検索してみると、主に銅像でだがその肖像を簡単に見出すことができる。

ウェルキンゲトリクス(Wikipedia)

氷上英廣ができなかったことも、簡単にやってのける事ができるのだ。

時代は確実に便利になっている。

しかし、『ニーチェの顔』を読まなければ、Vercingetorixなる人物の名すら知らずに過ごしていたのであろう。所詮は氷上英廣の手のひらの上で探検をしている気分を味わっているに過ぎないのだ。

春を撮った

現実の春は、紹介する写真より、一歩も二歩も先に進んでしまった。早くupしないと本当に時機を逸する。

自宅の近くを撮ったので、あまり見栄えは良くない。

部屋から見える桜。
なかなか咲かなかったが、ちらほらと咲き始めたと思っていたら、次は8分咲きになっていた。
その隣の欅。
遠目から欅の葉の芽だと思っていたのだが、撮影しようと近付いて、花芽である事に気が付いた。まだ開いてはいない。

近所では最も立派な桜。咲くのも早かった。もう葉が出始めている。

 近くの公園の桜並木。今が見頃だ。

 鴨脚樹の葉はまだ鴨の脚と言うより雀の脚程度の大きさ。

つい最近梅も満開だった。信州の春は爆発的だ。刻々とその姿を変えている。

20170412

『大いなる正午』

良い随筆集であった。

読む前から本の佇まいに感動していた。1979年の12月に発行された本だ。その頃には既にこの様な佇まいを持つ本は珍しいものになっていたのではなかっただろうか?

小豆色の布張りの表紙。背に金の明朝体で題字が記されているのみ。

読む為に本を触っているだけでとても気持ちが良い。

この感触を味わっていたくて(それだけが理由ではないが)ゆっくりと読んだ。

「あとがき」でも触れられているが、副題に「ニーチェ論考」とあるが、ニーチェについてのみ論じている本ではない。構成としてはIはだいたいニーチェが、IIは茂吉、鴎外、草田男が、IIIはゲーテとドイツ・ロマン派が主題となっている。
しかし、いずれの文章でもニーチェの名はひょっこりと飛び出して来るので、副題に偽りはないだろう。

表題になっている大いなる正午という言葉は、『ツァラトゥストラ』などに頻繁に出て来る、印象深い言葉であり、何と言っても『ツァラトゥストラ』は

これは俺の朝だ。俺の昼がはじまるぞ。さあ、来い、来い、大いなる正午よ

とツァラトゥストラが叫ぶシーンで終わっている。

その大いなる正午を論じるエッセーでこの本『大いなる正午─ニーチェ論考』は始まっている。

古代ギリシアでは正午のころに物の怪が出没したらしい。

ほう!と思わせて、著者氷上英廣はその知的で広大な世界に私たちを引きずり込む。

驚かされたのが、著者の和歌・俳諧に対する造詣の深さだ。

ニーチェの『ツァラトゥストラはこう語った』を、最初に注釈なしで訳した事がクローズアップされた事により、ドイツ文学の専門家と見られがちだが、ヨーロッパの著作と同程度に和歌・俳諧が引用されている。

博学とはこの様な人のことを言うのであろう。

困ったのは、茂吉とニーチェの関係を論じた文章などに顕著だったのだが、訳もなしにいきなりドイツ語の詩が引用され、論じられている部分だった。久し振りにドイツ語の辞書を本棚から引っ張り出した。

著者の知的な文章に触れ、ものがはっきり見えてくる快感に浸ることができた。